すごく近くなった関係の人に怒りが湧いたときに読んでください。

   

16998717_1358962970793895_279278819546501163_n

 

すごく近くなった関係の人に対して
怒りが湧くようになったとき、

その怒りの奥には
自分からのメッセージと、

同時に
相手への感謝の2つが隠れていると思っています。

 

しかし、
その怒りを相手のせいにしていると
この2つのギフトを手にすることができません。

 

相手への感謝というのは、
依存させてくれたことへの感謝です。

 

依存とは、
言い換えると

自分の器に自分ではない「何か」を入れている
状態なんじゃないかなと思っています。

しかし、それは最初は気づきません。

依存していたことに
気がつけるのは
怒りが湧いたとき。

このときの怒りというのは、
私の本音からの「気づいてくれーー!!」
というメッセージであり、

自分ではない「何か」を頼りにするのではなく、
自分自身を頼りにして欲しいというメッセージなんです。

だからこそ、
同時に

そんな私の自立を促す
依存をさせてくれた相手に感謝なのです。

「これは違う!」という感覚が湧くことによって
逆に、「これなんだ!」という自分らしさが
ハッキリすることに繋がっているから。

 

しかし、
このときに「自分からのメッセージに気づいたからOK」
と一方的に相手と距離を取ることは違うと思います。

確かに、
気がつくことで、
距離を取ることになる関係もあるでしょう。

 

しかしながら、
その気づきを自分だけのものとして
距離を取ることを選ぶことと

その気づきのプロセスそのものを
分かち合って、

感謝を伝えた上で
私たちとして、どうしていきたい?を創造し、

結果として距離を置くという
選択肢が現われるのとでは

全く意味合いが変わってきます。

 

自立に見せかけた孤立の道を歩むのか、

私たちという中の私を生きているという
本当の自立の道を歩むのか。

 

そして、
どちらの道を選ぶのかによって
次に出会う人は変わってきます。

 

「私からのメッセージ」に気がつくことは
比較的優しいかもしれませんが、

それを分かち合うところは
なかなかハードかもしれません。

でも、そこに
あなた自身の等身大の人との
向き合い力が現れてくる。

本当の愛が試される。

そんな風に思っています。

 

 - ファミリーワークバランス