アーティスト小田まゆみさんに聴いた「男性の本質的な役割」とは?

   

11169466_986053848071359_370942425979189126_o
(この文章はもともと、2014年に書いていたものに2015年9月加筆したものです)
 
男性の持つ中心的な役割、女性の持つ中心的な役割について
すごく関心を持つ自分がいます。

きっかけは、2009年に
ドリームワークカレッジという

「大好きなことで起業する!」
をコンセプトにしたスクールを一緒に立ち上げた惣士郎さんが、

当時、
女性支援活動をされていたことにありました。

惣士郎さんは、

女性の精神教育支援ということで、
女性限定のコーチングスクールを立ち上げ、講師もされていました。

長くなるので、今回は割愛しますが、
そのプロジェクトや他の女性支援のプロジェクト、
そしてその背景を知っていくうちにとても興味を持ったことを
覚えています。
(現在は、心コンシェルジュというプロジェクトが復活しています!!)
 

そして、一緒に活動させていただいて
数年が経ち、私はひょんなことから、

ハワイ島へ3ヶ月間滞在することになりました。

ハワイ島でお世話になった場所は、

ジンジャーヒルファームという
自然農法とパーマカルチャーのファームです。
 
11261935_986054534737957_37720126186866224_o

(2010年11月の写真です。この場所を紹介してくれたピース小堀さんと、小田まゆみさんと)

創始者であり、
オーナーは小田まゆみさんという方(現在72歳です)なのですが、
50年以上女神の絵を描き続けているアーティストでもあります。

ホノルル美術館やアメリカでも展示会を開催
されたこともあります。
 
そんなまゆみさんのもとで、
3ヶ月間、農業・瞑想・ヨガなど様々な体験を
させていただきました。
 

といっても、

何かをまとまって教わるというわけではなく、
共に生活することを通じて学ぶので、

時間の大半は、農業、すなわち、自然と対話することに
費やしました。
 

あるときは、草を抜いたり、植物に水をあげたり、

またあるときは、土を耕したり、果物を収穫したり、
コンポストと呼ばれる土づくりをしたり。

毎日、毎日、
大自然の生命の循環の中に身をおいていました。

11154975_986065061403571_3580479604555883843_o
 

そんな中、ふと感じたのです。

「生命の循環ってすごいなぁ」って。

そして、同時に自分自身に置き換えました。

人間で言うならば、女性が生命の循環を担ってる。

女性の役割って本当に重要だなぁ。
 
なんてったって、生命を宿すことができ、
生み、育むことができるんだから。

ここです!

このときに、
男性・女性の根源的な役割について

さらに深く興味を持つことになったのです。

また、女性の本質的な役割について
知ると共に、

男性の本質的な役割についても知りたくなりました。

 

しかし、残念ながら当時は、
男性の本質的な役割について答えを見出すことが
できませんでした。

 

その後、

「男性の本質的な役割とは何か?」

というアンテナが立ったまま
行動していたら、
 
いくつか引っかかった話があるので、
載せておきます。

中江藤樹の話より、

「家庭の中で子どもは父親から尊敬を学び、母親から愛情を学ぶ」
 
惣士郎さんの話より、

「男性は女性の選んだものを守っていくんだよ。」
 
友人から聞いた話より、

「男性は、将来自分の子どもを預けたいような
社会を創ることが役割なんだよ。」
 
こういったヒントをもとに
自分なりに探求を続けていました。

 

そして、
2015年9月。

5年振りにハワイ島に再訪し、
お世話になっていたファームの創始者である
小田まゆみさんに質問をする機会がありました。

11113295_1048197601856983_5982150922173559229_o
(2015年9月にプロデュースした女神塾with平井ナナエさん、ヨンソさんの集合写真)
 

「まゆみさん、
男性の本質的な役割って何だと思っていらっしゃいますか?」

女神の絵を50年以上書き続け、
ご自身も数々の女性を育成されてきた
まゆみさんが言ったこと。

それはすごくシンプルなことでした。

「女性と子どもを護ることじゃないかしら。」

この言葉を聴いたときに
思考ではなく5感が反応したことを覚えています。

手前味噌ながら、
こうじゃないか?と
自分なりに思ってきたことと
一致したからかもしれません。

鳥肌が立ったことを
覚えています。

 

ですが、
今こうして改めて文字にして書いてみたときに

全く何も目新しいことではない、

ということに気づかされます。
女性は男性と合一して
生命を産む。

男性は狩りをして
女性と子どもを護る。

そして、女性の力を借りて
子どもを育てる。

原始時代をイメージすれば
すぐに思いつくことではあるのに、

なぜ難しく考えたのか
我ながら笑ってしまいます。。

しかしながら、
一周巡った方がよりパワフルだろうということで、
自分を慰めたいと思います 笑
そして、

「今現代において
女性や子どもを護るということは
どういうことなのか?」

について考えてみたら、、、

ここからは
自分が関わった範囲に基づく
勝手な持論なのですが、

・女性がすでに内に秘めている想いを
自然に表せる環境を創ること
 
・枠にはめようとして
邪魔しないこと 笑
 
・あなたならできる、と安心してもらうこと
 
・あなたならできる、と励ますこと
 
・存在を愛すること
 
・愛を見える形で表すこと

というようなことが
女性を護るといってもいいのではないか、
と思うことなのかなぁって思っています。

子どもについては、、、
あまりよく分からないのですが
イメージしてみると、

女性に対してのそれと
同じなのかも?

なんて思ったりしました。

関われば関わるほど
女性の持つ根源的な強さを知ることになり、

ホント
いい意味で何もできることはないという
前提に立ちながらも、

やっぱり、
自信がなかったり、
うまく言葉にできなかったり、
一歩踏み出せなかったり、踏み込めなかったり、

という
悩みがある
女性に対して

男性として
できる支援はあるなぁと
感じる日々です。
 

 - ハワイ島で3ヶ月の生活(2009年), ファミリーワークバランス