都会の中で自分の本音に出会うための効果的な方法とは?

      2018/04/29

22815110_10214428791384498_7264559720667032062_n

よく晴れたある日昼頃、

街から離れたところにある
公園に行きました。

公園は
周辺に建物がほとんどなく
緑が生い茂っています。

また、
規模もとても大きく
人が全くいないエリアもあります。

エリアに
両脇から木が生い茂っている道があり、
道に一定間隔でベンチが置かれていました。

そこに、
座りました。

「ふーーーーーー」

息を吐きました。

まま深呼吸。

そして、

できる限り、
音を聴いたり、
緑を見たり、

身体感覚を感じることに集中します。

さえずりが聴こえる。
色鮮やかさが見える。
暑さを感じる。

公園にきたばかりときには
何となくざわざわ、ソワソワしていた感覚も
すっかり落ち着いていきました。

余計な思考もなくなりました。

ただ、そこに居るだけ。
ただ、感じているだけ。

そんな感覚になったときに
自分に問いかけてみました。

「本当はどうしたい?」

都会中で
色んな情報にさらされている中では
色んな声が聴こえていたですが、

環境中では
シンプルに
「○○したい」

1つ
強いメッセージ
が湧き上がってきました。

私が私本音を聴いてあげることが
できた。

そんな体験でした。

これは私実際休日1コマです

新入社員時代私は
特にそうだったですが、

毎日何かに追われていました。

仕事がうまくいってなかったということもあり、
休日も心が休まるヒマなく、
考え事をしていました。

もっとも、
仕事を始めたばかり頃は
仕事全体像が分かるわけではなく、

できることも少ないため、
必死でやるしかありません。

立ち止まるよりも、
とにかくやってみる。

そんなことが大事なタイミングは
ありますね。

ですが、
そういったチャレンジを続けていった後で

本当は立ち止まった方がいいタイミングなのに、
いつのまにか、継続していることをそのまま続けることが
大事だと思いすぎている

場合があります。

しかし、
私自身がそうだったから分かるです

そう過ごしている日常中で
自分を見つめ直すは難しいです
 
なぜならば、
日常中には
考え事や、すべきことだと思っていることが
満ちあふれているから。

色んな情報で満ちあふれているから。

そんな中で
自分本音に出会いたいと思っても、
難しいのです

だからこそ、
やってみてもできなくて、
落ち込むは勿体ないです

できないは、
「環境せい」
かもしれないから。

自分本音に出会うには
それに相応しい環境があります。

1つが
自然中。

自然中にいると
意識は自然と内から外へ向きます。

意識が内から外へ向くと、
余計な思考などがおさまっていきます。

瞑想ようなもですね。

時にあえて、
見ること、聴くこと、感じることを
強く意識すると、

さらに内面がスッキリします。

自然中にいってすぐに
考え事をするではなく、

しばらく「ただ居る」をすること。

そうすることで
街中で私ではなく、

自然中にいる私と
チューニングが合っていきます。

そうすることで
頑張って出そう出そうとせずとも、
本音が自然と湧き上がってくる。

これが
環境力なんです

ぜひ自力だけではなく、
他力を、環境力を活用してみてください。

何かしたいことがあれば
それがうまくできる、しやすい環境がありますから。

自分を責めるではなく、
環境を見直してみる。

オススメです

 - 人生の転換期の方へ